Antiques & Collectables
Rose Cross

ソーイングツールについて
お買い上げの際、かならずお読み下さい


 そこにあるだけで優雅な雰囲気が生まれ、手に取り遠い昔の貴婦人に想いを馳せる、贅沢なアンティークのソーイングツール。美しいものを作り出す手芸好きなかたなら、美しい道具を使ってみたいと思われるでしょう。

 でも使えるのかしら?、すぐ破損しないかしら?と不安もあると思います。大量生産されたものと違い、天然素材を1点1点丁寧に手作りされているアンティークは、決して安い買い物ではありません。

 たくさんのソーイングツールと出会い、私自身が選んだアンティークと現代の商品を使ってみて、良かったことや注意点をお知らせいたします。貴重なソーイングツールです。いつまでも大切にお使いいただくため、ご購入時やご使用時の参考になさってください。手放せない逸品をみつけていただけると思います。
なお、使い心地は主観的なものですから、ご自分でも現代のものを使ってみてご判断ください。

 Rose Crossでは状態が良く、お使いいただけるソーイングツールを扱っております。
 ソーイングツールに関してのご質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。
 (なお、当店以外の商品に関してのご質問にはお答えできません)

ローズクロス新入荷

 ハサミ

糸が良く切れるハサミは貴重なものです。
いつまでも良い切れ味を保つには決して紙は切らず、糸布専用にしてください。
ハサミを研ぎに出すこともできますが、余程信頼できる店でないと余計に切れなくなる場合がありますので、あまりお勧めしません。
 
 レース針(タンバーフックなど含む)

先がとがっているので、レースの編み地に針が入れやすいように思います。
ハンドルは特に持ちやすい形ではありませんが、長時間編んでみて、手が痛い、疲れるようなことはありません。


現代のものと違いメッキがしていないため、糸が汚れることがあります。使用前に柔らかい布などで乾拭きすると好いです。

古いレース針を探していると、たまに針先が折れたものをみかけます。鉄の焼き加減かは不明ですが、特に細いレース針は折れることがあるようです。
細いレース針は決して無理な力を要れずにお使いいただきますよう、ご注意ください。

Rose Crossではすぐお使いいただけるよう、針を磨いからお渡ししております。
また、錆びて、磨いても使えない商品は扱いません。

 タティングシャトル

ボーンやアイボリーのシャトルは現代のもの比べ、少し重みがあるため持ちやすいと思います。サイズもいろいろあります。手に持ってみてしっくりいくものが選べます。適度に大きいシャトルは、案外取り損ねず使いやすいのが以外でした。また大きめのシャトルはたくさん糸が巻けるため、糸継ぎが少なくてすむのが利点です。

現代のシャトルは片方がとがっていて、となりのピコと繋ぐとき目打ちやレース針がなくても繋げますが、特に古いアンティークはこの『とがり』がありません。ただ、この『とがり』が慣れないと手を刺すこともあります。(実際、現代のものはよくとがっていて、わたしは手を刺しちょっと血が出たことがあります。とがり過ぎなシャトルはやすりをかけるとよいですよ)

現代のシャトルには滑り止めがついています。アンティークにはついていませんが、滑って持ちにくいと感じたことはありません。

シャトルに糸を巻きすぎたり、きつく巻きすぎないよう気をつけてください。たまに2枚の船型の板を留める真鍮製などの支柱がゆるむことがあります。(ただし簡単には抜け落ちたりせず、使用には問題ありませんが)


今後も楽しい発見や注意点をお伝えします。




Home